資格取得を考える時期

今回は“資格取得を考える時期について”がテーマです。

今仕事に就いている人はさらなるキャリアアップのために、進学を予定している人は就職あるいは転職に少しでも役立つために、これから先々を考えて資格取得を目指す事はごく自然な事です。

アベノミクスは成功したとちまたでは言われていますが、実際に2014年度に公開された大手通信教育業者による、“2015年度に向けての家計に関する意識調査”を見ると、“収入が減る”という意見を含めてほぼ100%の人が“今よりもさらに生活が苦しくなる”と考えている事がわかります。(参照 … 大原学園グループ … 公務員)

今後世界経済がどうなっていくのか、テレビメディアを見聞している限り不穏なニュースが続いている事を考えてみても、資格が取れる時になるべく取っておく方が賢明な選択と言えます。

では実際にどのような資格が人気なのかと思いきや同アンケートで導きだされたのはやはり“お金”に関するものばかりでした。具体的にお金に関連した資格を思い浮かべてみると、真っ先に思い浮かぶのはファイナンシャルプランナーや簿記あるいは社会保険労務士といった資格ですが、就職に有利な資格というと意外とTOEIC(R)テストは根強い人気があります。

さらに今後ますます高齢化していく事に備えてケアマネージャーも例年人気資格となっています。また、公務員も労働環境が良く堅実な職種として人気があります。実際にこうした資格を獲得できる学校も増えてきていますから、今現在進む道に迷っているなら、社会の動きも参考にしながら学校選びをしていってみてはいかがでしょうか。

「就職・転職のために」